W不倫は意外に多い

裁判で有効な浮気の証拠といえば、写真か動画になります。
これらは、浮気の証拠価値が高いものになります。

 

ラブホテルへ2人で入る瞬間と出てくる瞬間を押さえた写真や動画は、
証拠能力が高く、裁判で有力な証拠になります。

 

浮気の証拠としてはかなり価値が高いです。

 

これら以外にも、浮気相手の住居へ対象者が入る瞬間の写真や、
浮気相手の住居から対象者が出てくる瞬間の写真も有効です。

 

こうした写真は、裁判で有効な証拠になるので、
探偵はこれらの証拠を、調査員が尾行や張り込みを行って撮影します。

 

不倫を行っている人は実は意外に結構いるんですね。
みなさん現状に満足していないのでしょうか。

 

不倫は不倫でもW不倫を行っている方も
実は結構多くいらっしゃるようなんです。

 

W不倫というのはお互いに配偶者がいる状態で
不倫を行うことを言います。

 

お互いに結婚しているという共通点から、
共通の話題で盛り上がりやすく
親密になりやすいという点があります。

 

家庭の愚痴や不満を話したりしているうちにたまっていた不満が、
W不倫という形で出てしまったケースが多いようなんですね。

 

ですが不倫は絶対にしてはいけないことです。

 

不倫、不貞行為は法律で禁止されていますから
離婚原因にもなりますし慰謝料の支払いも発生することになります。

 

その場の勢いやその時の気持ちだけで行ってしまっても
後々大変な後悔をしてしまうことになってしまうんですね。

 

さらにW不倫はお互いの配偶者からそれぞれに対して
慰謝料を支払わなくてはいけなくなります。

 

二人とも、配偶者から浮気相手に対して
慰謝料請求をすることができるので
二人とも慰謝料を請求されることとなるんです。

 

裁判で有効な浮気の証拠

浮気の証拠価値が高いものは、浮気相手の家に泊まったり、
ホテルで同室に宿泊した場合などですが、1回だけでは不十分です。

 

必ずしも不貞行為が行われたと確認できないからです。
複数回の積み重ねた証拠が必要になります。

 

また、対象者と浮気相手が一緒に写っている写真は、
鮮明な写真である必要があります。

 

そうでないと、裁判での有効な証拠とはなり得ません。

 

浮気調査する場合、夕方から深夜にかけての調査が多く、
ラブホテルや浮気相手の住居などの調査現場は、
暗くてハッキリしないことが多いです。

 

そのため、探偵社は、暗闇での撮影でも
鮮明な写真をとれる特殊な調査機材を使用します。